交差

冬と春が交差する三寒四温の年度末
何かと気忙しい頃ですが
みなさん、お元気ですか?

私はと言うと、確定申告はまだですが(-。-;
学校の仕事は一段落
最後の授業では、嬉しいメッセージをいただき
思わず涙腺がゆるんでしまいました

さらに大きな一段落
いよいよ、子育てが終わり
お弁当作りと送迎からもさようなら

長女は私の振袖を着て大学を卒業
息子は畳の修行の為に京都へ
d0244977_23343252.jpg
そして中学を1年しか行かなかった次女も
無事に通信制高校を卒業
なんと卒業式では、答辞を読むことに

何度も書き直していた答辞
当日、早口ながらも堂々と読み上げていたのですが
「そして、両親へ」
と言った後、しばらく沈黙

声を詰まらせ、涙を堪えながら
後悔と感謝の思いを壇上から伝えてくれました

失敗と反省だらけの子育てでしたが
親として、人間として、たくさん学んだ年月
たくさんの方々に、支えられ励まされたこと
辛く苦しかった思い出も今は大切な宝物です
(答辞みたい)

終わりと始まりが交差する春
子供たちはそれぞれの道へ歩き出します
(もう答辞)

私も、人生の交差点に立っている気分
自分の新しい道を歩き出そうと思います
どっちの道に進もうか
道の先に何が待ってるのか
期待と不安が交差してますが
やはり期待が勝る今日この頃なのです

チコタロはずっとこのままでいてね
d0244977_23343602.jpg


# by kawara-tatami | 2019-03-10 23:34 | Comments(0)

節句

あらら、今日はひな祭りでしたねぇ( ̄▽ ̄;)
そんな感じで雛飾りは箱の中のまま、平成最後の桃の節句の日
みなさん、いかがお過ごしですか?
d0244977_20294511.jpg
親方は座骨が痛いと言いながらも
毎日、頑張っています
最近は私もたまに配達に同行
d0244977_20292998.jpg
この日は上小島に配達
中の茶屋が現場のすぐ近くだったので
配達後に立ち寄ってみました
時間的にも、気持ち的にも
少し余裕がでてきた今日この頃

d0244977_20290690.jpg
前にも書きましたが、子供たちが一斉に"卒業"する今年の春
長女は大学の卒業式に着る袴の試着中
私が成人式の時に来た振袖です
長男は間もなく京都の畳学校、そして老舗畳店へ修行に
次女も高校を卒業、長崎で就職、現在自動車学校に通っています

私たちにとっても、子育て"卒業"となる喜びと解放の春
となるはずだったんですが…

d0244977_20320714.jpg

実は昨年の秋、ちょうどカフェオモテがオープンした翌日
実家の母から「家を出たい、迎えに来て」と連絡
昔から暴言、暴力の酷かった父に、いよいよ我慢できなくなったらしく…

同情する反面「なんで今さら」と腹を立てながらも
頼ってきた70歳の母を長崎に連れ帰り、部屋を用意
離婚届けや住民票移動など、諸々の手続き
身体だけは丈夫な母は仕事したい、というものの
歳も歳だし、ずっとほぼ専業主婦でなんの経験も資格もなく…

アルバイトの応募をするも、年齢のせいで面接さえしてもらえず
面接してもらっても、案の定不採用
離婚するならするで、もっと早く決断すればよかったのに
と愚痴る私

が、母は身体だけでなく、メンタルもかなり頑丈なようで
その後も自分でチラシを見つけては電話で問い合わせ、応募していたようです

母が長崎に来てから約4か月
現在、早朝の掃除のバイト、午後からのスーパーの総菜作りのバイト
ふたつのバイトをかけもちするばかりか
一人でバスに乗り街に出かけ、同年代の女友達も作っていました

おそるべしオカン
佐賀の女の底力に敬意を抱くと共に
そんな母を家に迎えてくれた親方、義母に
心から感謝するばかりの平成最後の春

来るもの拒まず
去るもの追わず

人生を軽やかに逞しく生きていくコツ
老婆と野良猫に教えてもらっている私なのでした
d0244977_20305317.jpg

# by kawara-tatami | 2019-03-03 21:14 | Comments(0)

唯信

ランタン祭りが幕をおろし、春一番が吹く頃
みなさん、お元気でしょうか?

花粉かpm2.5のせいか、咳が止まらない私ですが
そんなことより気になることが盛沢山のわが家の春

看護師を目指す大学4年の長女は国家試験の日を迎え
何もすることができない私たちは、ただただ神頼み、仏頼み
結果云々よりも、長女の精神状態が心配で仕方ない私と親方
d0244977_17235221.jpg
当日、午前中の試験が終わった頃、長女からLINE
思うように解けなかったらしく、もうダメだ、もう終わった…と
絶望したような言葉が続くのでした
しかし、この辺は想定内
ひたすら「大丈夫」「後は運次第」をくりかえすのみ

とは言え、私自身も決して落ち着いてはいられず
ひたすらカフェの掃除と模様替え

おかげでカフェはスッキリ
イイ感じになったのでした

d0244977_17234969.jpg
人生の岐路に立つ子供たちに
親ができることは余りに少なすぎますね

まだまだ親としても未熟な私が、なんとかたどり着いたメソッド
親ができること、するべきことは「信じること」
合格を信じる、という意味ではなく
結果がどうであれ、彼女は大丈夫だと信じる、ということ

「終わった」という長女に「終わり」はまだまだ先と伝えること
道はひとつじゃない、なんなら、思わぬ方向に行った方が面白いかも

その時は「失敗」「挫折」に見えることも
そこから始まる新しい道へのチャンスだったりするから

心から、本当に、そう信じることができるのは
長女も含めた、子供たち3人が教えてくれたおかげ
あらためて、感謝と愛で胸がいっぱいになったのでした

まだまだ、これから、人生いろいろあるとは思いますが
「信じる」ことさえできれば、なんとかなるんじゃないか
楽観的すぎるかもしれないけど、それでいいやん、と
そんな風に思えるようになった雨水の頃なのでした

長女の試験なんて知る由もないチコタロ
いつもとおなじ、自由に、気ままに生きてる
そんなチコタロにも、いろいろ教えてもらってます
d0244977_17234706.jpg



# by kawara-tatami | 2019-02-19 23:13 | Comments(0)


東長崎で3代続く畳店


by kawara-tatami

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

交差
at 2019-03-10 23:34
節句
at 2019-03-03 21:14
唯信
at 2019-02-19 23:13
厳寒
at 2019-02-12 10:18

link

最新のコメント

> Yoshidaさん..
by kawara-tatami at 23:25
> メガトンさん お久..
by kawara-tatami at 23:21
たたみカフェ、オープンお..
by Yoshida at 06:23
いろんなことに精力的にが..
by メガトン at 22:51

以前の記事

2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

画像一覧