放任


たっぷり雨が降ったあとは
植物がイキイキと力強く映りますね

憂鬱な長雨も、必要な天の恵み
嫌だ嫌だ、と文句ばっかりじゃダメですね
d0244977_20290978.jpg
店先の多肉植物もこんな狭い場所で
ニョッキニョキ、ちゃんと生きてる
すごいなぁ、たくましいなぁ
d0244977_20302010.jpg
数週前、身内の問題で
ソーシャルワーカーさんと話す機会がありました
問題は単純ではなくて
解決策も見えない状況で…

親はいくつになっても
子供が苦しんで、追い込まれていたら
できるだけの事をしてやりたい
なんとか助けたい、と思うもの

そんな親の思いを静かに聞いた後
ソーシャルワーカーさんが言いました

 追いつめられていいんじゃないですか?」

え?
鳩が豆鉄砲くらったような顔の一同に
ソーシャルワーカーさんはこう続けました

追いつめられた時に、必死に考えること
もがきながら、自力で乗り越えること
それ無しに子供は大人には成長できない

追い込まれる前に助けてしまうと
そのチャンスを奪うことになる、と

その言葉は、私にとっても痛い豆鉄砲でした
d0244977_23172133.jpg
大切なもの、愛しいものには
いつも幸せでいて欲しい
苦しむ姿は見たくないから
親は守りたくて、ついつい
手や口を出しすぎてしまいがち

小さい子供は別として
自分で考え、行動できる年齢になれば
親ができる事はあまりにも少なくて…

「じゃあ、どうしたらいいんでしょうか?」
と言う親の悲痛な問いかけに
ソーシャルワーカーさんは言いました

「基本、放ったらかし、が一番です」

また豆鉄砲くらったら一同

子供も社会に出れば一人の大人
親も身内も第三者であり
生き方に口出ししてはいけない

アイタタタ…って感じでした

うちの子供たちもふたり成人
末娘も間もなく社会人

すでに口や手を出す時期は過ぎている
親としても第二の成長の時期なんですね

子供を信じること
失敗や挫折をしても
自力で乗り越えると…
d0244977_23340681.jpg
雨の後に草木が伸びるように
太陽の光に新芽が出るように

自然の中で耐えながら
自然の恵みを受けながら
それぞれが自力で生きていく

私も親として
大人として
まだまだ伸びるぞ、と気合いの入る
雨上がりの夏至の夜なのでした

[PR]
by kawara-tatami | 2018-06-21 20:29 | Comments(0)


3代続く東長崎の畳店デス


by kawara-tatami

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

笑顔
at 2018-08-07 11:52
落語
at 2018-08-05 17:31
犠牲
at 2018-08-01 17:12
依頼
at 2018-07-29 12:31

link

最新のコメント

メガトンさん お元気で..
by kawara-tatami at 01:16
また,自然災害の怖さを新..
by メガトン at 23:09
>yoshidaさん ..
by kawara-tatami at 22:08
おはようございます。今朝..
by yoshida at 05:41

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

画像一覧